FC2ブログ
HOME > CATEGORY - 風俗のお客さん向け

カテゴリ:風俗のお客さん向け の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

風俗嬢の口説き方

タイトルの「風俗嬢の口説き方」に関する情報商材ってかなり多いんですね。

自分個人でブログを始めるまでは全く気付かなかったんですが…

自分で試した事が無いのでどれくらいの価値のある情報なのか分かりませんが、お金払う価値があるものなんでしょうか?

興味本位で買ってみようかと思ったのですが、珍しく好奇心に自制心が勝ち、購入を止める事に成功しました。

風俗嬢の管理が上手な風俗店の従業員なら風俗嬢を口説くのもきっと上手いと思うのですが、それをマニュアルで上手く伝える事って可能なんですかね?

っという事で、出来ないと思う事にチャレンジ!

今回は完全無料のブログ記事で‘風俗業界の裏話的’風俗嬢の口説き方についてマニュアル風に解説してみようと思います。

↓続きはこちら [続きを読む]

陰ながら応援してます![ピンサロバカ一代さん!]

今回のブログは以前に相互リンクさせて頂いたバカイチさんの風俗体験ブログ、ピンサロバカ一代~素人童貞のピンサロ紀行~が気付いたら凄い事を始めていたんで紹介させて頂きます。

僕の見た限りでは、風俗関係の媒体さんじゃ無く完全に個人ブロガーの方と言った感じなのに、とても手間がかかり、且つ、ピンサロ好きの方には役に立ちそうな情報を公開しようという姿勢に「本当に凄い!」と心から思っています!

↓続きはこちら [続きを読む]

風俗嬢と仲良くなる為に

いろんな体験ブログなんかを読んでいると本当に面白いですね。

昨日の夜もFC2ブログランキングを見ていて目についた「風俗と嬢と客と」というブログが本当に為になるなぁと思って熟読しちゃってました。

実体験を元に、風俗嬢と仲良くなるテクニックみたいなのが書かれているのですが、管理人のヒデさんは、確かに風俗でモテそうな人なんですよね。

管理人のヒデさんの真似をすれば風俗遊びで失敗する事って少ないんじゃないかと思いますよ。

眠気に負けて、ちゃんと全部は読めていないのですが、「風俗嬢に気を遣える」「風俗に行きながらも気持ちに余裕がある」という点が凄いプラスだと思います。

きっと、風俗嬢に対してブログのような接し方をされている方だと、お店の人にも好かれる対応をしてるんじゃないかと思うんですよね。
(デリで無く、受付型のホテヘルを好んでいるところからもそう感じます。)

今回はヒデさんを見習って、僕も僕なりに、お客さんとして出会った風俗嬢と仲良くなるポイントを書かせてもらおうかと思います。

↓続きはこちら [続きを読む]

失敗しない風俗遊びの為に②

前回の記事が書きかけっぽくなってしまっていたので、どうせならと連続投稿しちゃいます。

今回はどんなお客さんがお店から嫌われるのかについて書こうと思います。

新規のお客さんでも風俗店は自然とお客さんをランク付けしているんですよね。

横柄な態度のお客さんはトラブルになる事が多く、結果、女の子を潰してしまう可能性が高い。

そう思うから、人気の女の子を避けて案内する事になります。

では、最初の印象でお店から嫌われない為にどんな事に気をつければいいのか?

↓続きはこちら [続きを読む]

失敗しない風俗遊びの為に

風俗遊びには外れがつきもの…

写真をみて「カワイイ!」なんて思って指名してみたらフォトショップを使っての修正がバッチリ入っていて、実際に会ってみると別人だった…

なんて事は、風俗遊びを頻繁にしている人なら必ず経験した事があると思います。

僕の働いていたお店ではフォトショップを使っての修正は、モザイクをかけるぐらいでほとんど行っていなかったのですが、それでも「写真と実物が違う!!」なんてクレームはしょっちゅう…
(ホクロとかタトゥー・傷跡は女の子のバレ対策の為に消してあげていましたが、電話対応の時に消している事を伝えるようにしていました。)

お店側からすれば、お店の商品である女の子を良く見せたいというのは当然で、修正を行う・行わないに関わらず、商品である女の子を実物より良く見せる事は当然なので、多少の誤差はどうしても生じます。
(モザイク有の場合は修正を使わなくても撮り方一つで女の子を別人にできます!)

そんな中、失敗しない風俗遊びの為に重要になってくるのはお店の信用度。

有名なお店だから信用できる!

なんて事が無いのが風俗業界。

それでは、お店の信用度はどんなところで計るか?

↓続きはこちら [続きを読む]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。